• 1
  • 2
 
古の香りと趣がただよう北村韓屋マウルは朝鮮時代の明堂(風水で吉とされる場所)で、代官・士大夫たちが集まり居住していた生活の場として、ソウル600年の歴史とともに受け継がれる伝統的な居住地です。
景福宮と昌徳宮の間、北村韓屋マウルに位置するDooゲストハウスは、有名な観光地を徒歩で旅行することが出来ます。韓屋の自慢であるオンドルと縁側が調和を成していて、夏は涼しい縁側で、冬は暖かく穏やかな雰囲気が漂う室内で、韓屋を楽しむことができます。

Dooゲストハウスは、外観は昔の韓屋をそのまま保存しながらも客室内にはオンドルと冷暖房機を設置しており、さらに二重窓を使用しているので、保温と防音の問題は解決されています。
また、便利で快適な現代式の化粧室とキッチンがあり、簡単な料理を作ることもできます。

広い庭を囲むように母屋が建てられ、離れもあるので、個人、友人、家族旅行などお好みによって韓屋を体験することができます。庭や縁側でお茶を飲みながら、無料インターネットと地図で各種旅行情報を手に入れることができ、外国語が可能なスタッフも常駐しております。